【動画翻訳】C9監督Reaperedによるトークショー『Reapered Show』Ep.1-1(ゲスト:TL CoreJJ)

インタビュー
スポンサーリンク

こんにちは。
今回は、4/8にInven GlobalのYouTubeチャンネルに投稿された、『Reapered Show』Ep.1のPart1の内容を翻訳した記事になります。

※『Reapered Show』とは、LCS所属チーム C9の監督であるReaperedが1人のゲストを招待し、eスポーツに関連するいろんなおしゃべりをするトークショー番組である。(Invenより)

Reapered Show Ep.1 Part1

■オープニングトーク
Reapered:『Reapered Show』第1回のゲストを紹介しようと思います。2017WCSチャンピオンであり、NA最高チームの一つであるTeam LiquidのSUPを務めるCoreJJ選手です。

CoreJJ:こんにちは、僕はTLでSUPを務めるCoreJJです。『Reapered Show』第1回ゲストにお招きいただき光栄です。

Reapered:ちょっと疲れてる?(笑)

CoreJJ:いや~そんなことないです(笑)

Reapered:僕達はしょっちゅう会っていて、実は昨日も会ってたんです。Bang選手、Impact選手、CoreJJHuniでバッティングセンターに行ったんですよ。

CoreJJ:僕が一番上手でした(笑)

Reapered:普段からそういうアクティブなことってよくする?

CoreJJ:僕は家でゲームばっかりしてると気分が萎えることがあるから、「ゲームしなきゃいけない時は頑張って、休める時は休もう」っていう主義なので、よく外に出かけたがる方。

Reapered:「休める時に休もう」っていうのは、「遊ぼう」って意味?

CoreJJ:「遊ぼう」っていうよりかは「ゲームするのはやめよう」(笑)

■じゃんけん崇拝者CoreJJ
Reapered:じゃあ、普段から何か楽しんでいることってある?

CoreJJ:最近はアメリカという新たな土地に来たので新しい友達と会ったり、新しい文化に接してみようとしてる。

Reapered:NAに来て体験した、良い文化だったり悪い文化は?

CoreJJ:NAに来て一番良くないと思った文化は…僕は何かを決める時は必ずじゃんけんで決める人間で、賭けをする時とかも絶対じゃんけんで決めなきゃいけないのに、こっちではカードルーレットで決める。でも、僕のクレジットカードがかなり変わった見た目だから少し不利だなって思う。

Reapered:(アナ雪の)エルサのカードね(笑)
僕達がよく一緒にご飯食べに行くんだけど、そういう時の支払いをじゃんけんじゃなくてカードルーレットで決めていて…クレジットカードを店員に差し出して一つ選んでもらって決めるっていう。それが悪い文化だったと(笑)

CoreJJ:あまりに実力要素が排除された勝負なんじゃないかって。じゃんけんこそ完全なる実力勝負なのに、それが排除されていて残念だなって。これからアメリカが発展していくには、もっとじゃんけんが大衆化されなくちゃいけない。

Reapered:これからNA LCSが発展するにはじゃんけんが大衆化されなくちゃいけない!? 変わった発想だね(笑)

■アメリカンエネルギー
Reapered:じゃあ良かった文化は?

CoreJJ:良かったことは、ある意味韓国では新しい友達を探すのが簡単じゃなかったけど、こっちでは楽だってこと。何でかっていうと、アメリカでは「君、アイツの友達?じゃあ俺とも友達だね」って感じだから(笑)

Reapered:アメリカ来てから仲良くなった人の中で、印象に残ってる人は?

CoreJJCaptainFlowers(LCSのキャスター)がとても印象的で…

Reapered:CaptainFlowersはめっちゃ印象的だよね、情熱的で。

CoreJJ:これ(実況)がまさに天職なんだなって(笑)

Reapered:CaptainFlowers会うじゃん?そしたらとりあえずハグしてくるんだけど、その力が強すぎて(笑)

CoreJJエネルギーの源泉を見ているようで、なんか見ているとエネルギーが湧いてくる気がして。

ReaperedOvileeってインタビュアーいるでしょ?彼女も同じ感じで。アニメの話をするとテンションが突き抜けて、個人配信見にいったらアニメの歌聞きながら踊ったりしているんだけど。それで、彼女とCaptainFlowersがまたよく一緒に遊んでるじゃん?(笑) あの2人を一緒にいさせたら、マジで限界知らずのエネルギー。まさに「これがアメリカか」って感じ。

CoreJJ:まさにエネルギーの源泉で、隣にいるとエネルギーが充填されていく感じがしてとても良い。

■プレーオフの準備
Reapered:プレーオフ直前だけど準備上手くいってる?ゼドとかパイクやらないの?(笑)

CoreJJ:よく分かりません(笑)

Reapered:1位だったのにゼドパイクやらないの?

CoreJJ:1位だったから…エズリアル1試合やりたい気持ちもあるような。

Reapered:SUPエズ?

CoreJJ:いや、ADCエズ(笑)

ReaperedDoubleLiftをSUPに送って?

CoreJJDoubleLiftがめっちゃブリッツ好きで、SoloQで二人でエズ-ブリッツデュオしたら勝率100%だった。僕がエズ使って。

Reapered:何試合した?

CoreJJ:5試合はやったかな?

Reapered:5試合で勝率100%なら悪くないね。

CoreJJ:お互い飽きたらそのデュオをやってて、「今日SUPする気分じゃない/ADCする気分じゃない」「じゃあ俺がADCやるよ/SUPやるよ」って(笑)

Reapered:とりあえずは来週の試合の準備をしてる?

CoreJJ:油断は出来ないけど、レギュラシーズン1位だった訳だからこれまで使いたくても使えなかったピックもプレーオフでは使える状態で。決して相手をディスリスペクトしていたり、弱いピックって訳ではないけど、かなり実験的なピックをするかもしれない。

Reapered:僕がインタビューだったり個人配信だったりでいっつも言ってることけど、「ディスリスペクトしたバンピック」って言葉の意味が分からない。「ゼド取りたきゃ取るだろ、何がディスリスペクトだ」って(笑)

■Ruler&DoubleLift
Reapered:ちょっと昔の話をしてみよう。お前がアマチュアだった時に、3大アマチュアADCがいたでしょ?CoreJJPigletImp。当時、この3人がプロゲーマーになるのを控えてるアマチュア3大プレーヤーだったけど、結局3人ともWCS優勝成し遂げたんだね。

CoreJJ:今、あの時から時間が経って当時のプレイを見たり思い返したりしてみると、「この実力でどうやって勝つつもりなんだ?どうやってADCの役割を果たすつもりなんだ?」っていう思いしか湧かない(笑)
こう言い換えることも出来るかも。僕はADCに「こうしたら良いんじゃない?」って要求することがあって、今は上手なADC達とゲームをしてるからまだ良いけど、過去を思い返してみて、もし自分の隣に当時の自分がいると考えてみたら、めちゃくちゃイライラすると思う(笑)

Reapered:どうして?

CoreJJ:下手なのがもどかしくて。上手いADC達とプレイしたせいで、ADCに求める水準が高くなった。

Reapered:上手いADC達とプレイしてきたって言ってたけど、RulerDoubleLift、それぞれの長所・短所について話せる?傍から見るのと、長所・短所を直接経験したSUPが言うのとでは違うだろうから。

CoreJJ:とりあえずRulerは練習量がとてつもない。練習量が多いから体に染みついた経験があって、集団戦だったりの「これ勝てるor負ける」っていう獣みたいな判断はその練習量から来るものだと思う。

Reapered:マジで獣みたいだね(笑)

CoreJJ:「俺の体が覚えてる。これは俺が勝つ。」そんな感じ(笑) Rulerがとてつもない量の練習をしているとしたら、DoubleLiftはそれを上回る量の大会に出ていて(笑)

Reapered:www

CoreJJ:ADCであそこまで大会経験が豊富な選手はほとんど…っていうかいないと思う。

Reapered:そうだね、DoubleLiftは最初期からいた訳だから。

CoreJJ:そこから来る「自分だけの試合に勝つ方法」があって。数えきれない程の優勝をしてきた選手だから、自分がADCとして試合に勝つための方法をよく理解している選手。

ReaperedDoubleLiftに対するそういう印象は初めて聞いたかも。とても大事なことだよね。

CoreJJ:試合の勝ち方を知っている選手だから、どのチームに行っても優勝をしてきたんだと思う。もちろん今話したことはRulerDoubleLiftも出来るけど、それぞれの持つ突出した長所みたいなのがある。

Reapered:それじゃあ、差し支えない範囲で「自分から見たDoubleLiftの試合に勝つ方法」について話せる?。

CoreJJ:これはNAに来てすぐ聞いたことで…あまりにもゲームのことを理解していて、ゲームの本質を突いていることなんだけど…「Win Lane,Win Game」って。

Reapered:そうだね(笑)

CoreJJ:これがゲームの本質で、それをよく理解していた。

Reapered:レーン勝てれば試合に勝ちやすいよね。それでレーン戦が強い、上手いってこと?

CoreJJ:「レーン戦に勝ってこそ試合にも勝てるってことを知っている」って感じ。だから何としてでもレーン戦に勝とうとする。

Reapered:なるほど。そこが突出した点だと。

■NAに来た理由
Reapered:今回NAに来たのが初めてじゃないじゃん?以前(2015年に)Dignitasで活動していて、今シーズンまたTLで復帰した訳だけどそれについて話せる?

CoreJJDignitasに来た時はある意味手ぶらで来たようなもので、成し遂げたことも、築き上げたものも、キャリアもバックグランドもなくて。それに比べて今は、少しはファン達が知ってくれているし…

Reapered:あるよね、キャリアもバックグラウンドも(笑) 実力も。

CoreJJ:そう、実力もかなり積み上げてきたし。それで前よりもしっかり準備出来ていた状態だった。あの時は英語も出来なくて、今より準備出来ていなかった。

Reapered:NAに2回も来ることになった理由は?

CoreJJ:昨シーズンオフ、Gen.Gから離脱して色んな可能性を探していた。去年は僕達にとって良い成績を挙げられない一年で。WCSにも出場したけど、ある意味出場しない方がマシだったかもしれない位の結果になってしまったし。

Reapered:そんなに?

CoreJJ:僕にとってはそれ位衝撃的で。アジア競技大会もかなり期待していたのに準優勝になっちゃったし、プレーオフなんか勝てたこともなかった。良くない一年だったから「また自分が上手くプレイ出来るだろうか」って自信を失った状態になっていて、新しいチャレンジが必要だと思ってた。またルーキーみたいに頑張りたいっていう思いがあって、新しくチームを探さなくちゃいけないと思ってた。
まずは国。新しいチャレンジがしたかったから韓国からは飛び出すことにした。中国は中国語が覚えるのがとても怖かった(笑) 英語は使ったことがあったから、それじゃあEUかNAだなって。で、「NA better than EU」だからNAに来たって訳(笑)

Reapered:Oh! NA better than EU! だよな(笑) 良い選択だよ(笑)

まとめ

Ep.1 Part1の動画内容は以上です。
Ep.1がPart1~3まであるので、当初はかなり大まかな内容だけを拾って、動画3本分を1記事にまとめる予定だったのですが、作業していく内に「内容が面白くて削るに削れない症候群」に罹ってしまったので、ひとまずPart1だけの内容で投稿することにしました。

Part2・3の内容も面白いので近い内に投稿したいのですが、今週末にLCKやLJLのFinal、来週はLCKのプロモーションが控えていることを考えると、間が空いてしまうかもしれません。
Inven ”Global”チャンネルの動画なので、字幕ボタンを押せばもちろん英語字幕が表示されます。
続きが気になるという方は是非本家の動画をご覧ください。(あと、次回以降の制作はチャンネル登録と高評価次第とのことなので、そちらもどうぞ!)

コメント