【LCK2019Spring】CloudTemplar氏含む3名による「各チーム中間分析」動画翻訳① 東部編

LCK
スポンサーリンク

こんにちは。
1週間の旧正月休暇を挟んで、2/13(水)から再びLCKが始まりますね。
今回は、LCK解説をされているCloudTemplar氏が投稿した「話題のチーム別点数事件に続く ”LCKチーム別中間分析と順位”」という動画の内容を翻訳しました。
内容としては、以前当ブログの記事「LCK解説でおなじみCloudTemplar氏含む5名による、LCK全10チームの新体制評価【要点まとめ】」でも紹介した動画に続く、第2部のような位置付けです。
以前の記事のような”要点まとめ”とは異なり、動画内の会話ほぼそのままで翻訳したせいでかなり長くなってしまったため、前後編に分けて投稿しようと思います。
本記事は前編で、順位表右側のいわゆる”東部”所属の5チームについてまとめています。
※動画投稿日は2/3(Week3最終日)で、収録日もおそらく同日かと思われます。

出演者紹介・前置き

CloudTemplar 元LoLプロ、現LCK解説
Bitdory(빛돌) 元LCK解説、現アナリスト ストリーマー枠で2018 AllStarに出場
Pony(포니) 元LoLプロ、現Challengers Korea解説

※本文中での話者はそれぞれの頭文字で表しています。
CloudTemplar=C
Bitdory=B
Pony=P

■前置き
C:今日どんな構成で話すかって言うと、西部のチームはどうしてもポジティブな話が多くなるし、東部チームの場合は”何でここにいるのか”、改善点や問題点についての話になると思う。
で、最後には西部と東部のオールスターを選出してみよう。もちろん西部オールスターがみんなGRFじゃ面白くないから、そんな中でも輝いていた選手。一番上手いって事じゃなくて、そんな感じ。
じゃあ北東部、DWGから話してみよう。

DAMWON Gaming

P:コーチ陣の加入だったりで、個人的に期待していたチームだった。でもある時から力が抜けてしまったと思う。
それを一番強く感じたのがADC。他のチームと比べて決定的な場面でのミスが多くない?紙一重の試合で。簡潔に言うとそこが残念。
B:僕はそれについては考えが違くて、Nuclearは平凡だというのが現状の短所だけど、彼のせいで負けた…みたいな大きなミスをした訳ではないと思う。
例えばエズ使ってて死んだとして、もし他のメタマークスマンを使ってたとしても死んでただろうし。
DWGが何で良くない状況になったかと言うと、まずMIDが無個性。ミスもたくさんあるし。ShowMakerが実戦でそういうミスがあるのはCKの時からそうだったけど、結局まだ克服できてない。
Canyonは上手くやってて花開いてたけど、GRF/SBとの連戦でTarzan/OnFleekに”教育”を受けて、一気に怖気づいてしまって、元々上手かったプレイすら出来ない状況になってしまったと思う。
BOTはHoitラカン使ってる時以外はキャリーできないし、TOPはキャリー力あるけど他レーンが上手く行ってないとそのシワ寄せで負担を受けてしまって、今はキャリーよりミスが増えた。それでDWGは全体的な難局に直面している。GRF/SBとの2連戦のダメージがとても大きかった。
C:あとこれは関係ないかもしれないけど、ラカンのナーフをもろに受けたのもDWGだと思う。ラカンワンマンチームって訳でもないけど(笑)
僕はHoitを上手いと思っていて、元々Nuguriのプレッシャーを緩和してたのがHoit/Canyonのコンビプレーだったのに、ラカンのナーフで存在感を発揮するのが難しくなった。
MIDとADCは既に言われた通り無個性。
P:無個性という事に関しては、僕の考えも異なる訳じゃない。(さっき言った)決定的な場面で活躍出来ないって言うのは他の強豪チームが持ってる…
CDeftGhostみたいな(爆発力がないって事でしょ?)
P:順位を上げるにはディーラーの爆発的な活躍は必須。

C:”DWGと言えばNuguri”という話が出るのもそのまま問題を示してる。TOPだけ上手いチームじゃ限界があるでしょ、現実的に。
Nuguriが評価され始めたのはGPが使われてた時期だけど、GPは今やジョーカーピックになってわざわざ優先しないし。
突破口を探すなら、ラカンがナーフされたとは言え、ザヤラカンのような海外で使われてるピックを準備してみるのも良いと思う。
B:旧正月連休が助けになると思う。今のパッチや流れでは現状を克服するのは難しくて連敗沼にハマったけど、新しいパッチで突破口を探せばまた浮上出来るんじゃないか?って感じ。
C:まだよく分からないけどパッチ9.3はADC強化パッチなんでしょ?
B:それもそうだしアカリが故人になることも(影響が大きい)
C:結局浮上するには、新しいパッチに適応してShowMakerだったりNuguri以外の選手が調子を上げないといけない。とりあえずDWGについてはポジティブな考えというのは同意?
P:十分順位が上がり得ると思う
C:「現状この順位だけど前向きに考えられる」でDWGについてはまとめようと思います。

KT Rolster

C:KTは遅くはなったけど、それでもスタートラインナップを見つけられたと思う。直近のKingen/UmTi/Bdd/Zenit/SnowFlower。これが一番良いと思う。プレイも悪くなかったし、調子もみんな悪くないから感覚だけ掴めば少し可能性を感じる。正直完全に終わったと思ってたけど。
P:兄さんの言う通り、やっとスタメンを決められたのが一番大きい。下位チーム達を見てみるとスタメンを決められてないじゃん。あとシーズン序盤も言ったけどそれでもBddがしっかりしている。こういう選手まで連敗のせいで崩れたりすると大変でしょ?本当に幸いなことにここは崩れてない。
B:僕はBddに対する元々の基準値を考えると既に崩れてると思う。
C:元々期待していたよりは今のプレイでも不十分?
B:うん
C:でもああやってソロキルまでして、上手くやってない?
B:僕は最高のMIDレーナ―だと思ってたから。

P:TOPで安定してると思ってたSmebの技量があそこまで落ちてるとは思わなかった。LoLTierで比較するなら、チャレからダイヤになった感じ
C:それは落ちすぎじゃない?(笑)それじゃダイヤがブロンズになったっていうのと同じでしょ?(笑)
P:本当に、それだけ落ちたと思ってる。
B:僕は同意、あくまで”感じ”だから。
P:ある時から「Smebに出てほしい」から「Smebが出てないな、やれそうだな」になった感じ。
CKingenが安定してるのも確か
P:とにかくKingenの方がSmebよりも良い、去年ならこんな事間違っても言えなかったけど、今は絶対良い。
B:KTのファン達としては、KingenSmebも試合でのプレイは良くなかったけど、KingenのSoloQポイントが高いから期待せざるを得なかった、そんな中Smebが出場して良いプレイを見せられない時期があって、とてももどかしかったと思う。
C:信じてたTOP/JGも不安なのにBOTは初めからそんな状況で、まだ安定し始めて間もない。さらに強豪チームとの対戦も多く残っててまだKTはかなり不安だというのが正直な所。
P:残ってるのがあれでしょ?SB/SKT/GRF×2

B:KTについて希望と絶望があって、どっちから話そうか?
C:普通良い方から聞くよね
B:希望は、今の状態で特にどんでん返しが起きなければ”強豪判別機位のラインになるだろうって事。少なくとも弱小チームに振り回されたりはしないと思う。
P:つまり中部リーグで門番の役割を担うって事でしょ?
B:KTというブランドを考えるとこれを希望と言うには、悲しくはあるけど。
C:兄さん、でも弱小チームって一体どこ?
B:それはまたあとで。とりあえず現状一番弱いのはJAGで、JAG相手には負けないと思う。
C:ファン達がよくGRF/JAGの事は除外して話す位、JAGはもどかしい状態で。JAGを抜いたとしても楽なチームはそういないでしょ?何ならJAGだって楽ではないのに。
B:今の順位で見てみても、AFやGENと対戦したらKTが有利だと思う。
それで、これからの地獄の連戦については勝てる可能性が低いだろうって事、これが絶望。でもラウンド2になって今の順位(下位)のチーム達と対戦してKTが絶対押されるかというと、そうはならないと思う。

C:僕も昔からScore先発のUmTiサブが良いって主張していたけど、時代は変わるし悩ましいと思う。
B:チームが生き残るにあたって、ADCのキャリー力の違いが表れるのは北西部を目指す場合の問題で、今の北東部を脱出できるかどうかの場合は、SUPの問題がより至急だと思う。
CSnowFlowerは起伏のあるスタイルだから。
P:あの選手思い出さない?Ghostのパートナーだった…
C:MadLife?あぁIgnarか。MadLifeの話かと…
P:でもどっちも同じ(タイプ)じゃん。
C:同じ”課”だとは思う。転職をする時に「”MadLife課”にしますか?」みたいな。Ignarも同じ課だと思うし、Keyもちょっとそんな感じ。
B:基本に忠実にプレイしつつキャリー出来るSUPが優れていて、全盛期のMadLifeがそうだった。今はMadLife本人が言うには”MadLife病”に罹ったって。アウトプレイを狙って、上手く行かなかった時はどうせハイライトにならないから予測フックしてもメリットしかない。
SnowFlowerスレッシュ使って良いプレイしたしMVPも貰ったけど、それはSpiritがSUPメインじゃないから出たわけで、今のLCKの他のSUPと比較した時、視界取る事だったり安定的にゲームを進める事だったりレーン戦の破壊力だったり、どの観点からも優位性がないと思う。だからKTが東部を脱出するにはADCよりはSUPの責任が重大だと思う。
C:なのでKTについては、「現状とても不安で辛い状況にある」とまとめようと思います。どうなるか分からない、間違いなく創立以来最大の危機だと思う。

Gen.G

C:GENは、僕が放送中にいつも言っているワンパターンだという話がそのまま表れているチームだけど、何が難しいかって「ADCを信じる、Rulerを信じる」っていうワンパターンを捨てて、他の戦略を試してみるのが果たして正しいかどうかって事。
B:ワンパターンで何が悪いってKZが言ってるじゃん(笑)
C:それでGENの上位互換がKZだと思ってる。何が違うかって言うと、KZはDeftキャリーなのは確かだけどTOPサイドの調子がとても良くなっているのに対して、GENはTOP/JG/MIDが依然として…良く言えば無難・安定感がある、悪く言えば中途半端
B:今日のKZ戦でCuveeケネン使って逆転された試合が、GENとしてはあまりにも痛かったと思う。あれは絶対負ける試合じゃなかったし、見ていてむしろ「GENが感覚を掴んできて集中力も良い、それに加えてADCキャリーのワンパターン以外もやれる」って試合が終わる3分前まで思ってたのに。
C:GENもプレイ自体は良かった試合がたくさんあると思う。だから僕は浮上していく可能性も十分あると思う。2勝4敗ではあるけどプレイ自体は悪くなかった試合がたくさんあった。
P:GENってこんな感じしない?「確かに負けはするけど、1試合見てみると全然やれそうだなって思う。だけど、そう思った途端負ける。」
C:上手い時は本当に上手い、底力あるし。”底力ドール”っていうじゃん。
※〇〇ドール:サッカーの年間MVP”バロンドール”に由来。「最高峰の~」とか「とても優れている~」みたいな意味で補完してください。僕も良く分かってないです。
B&P:www
C:GENは”底力ドール”って言うよね。”選抜戦ドール”でもあるけど。成績よりは悪くないと思う。

B:GENと言えばPeanutの話題がずっと上がるじゃん。
C:話題に上がらざるを得ない、優勝請負人として来たんだから。
BPeanutのスタイルについて整理してきてて、彼は本人のプラン通りにルートを回りながらJG間のLv差を広げて、そのプラン内にあるガンクやカウンターガンクを綺麗に決めながら試合を壊すスタイルなんだけど、問題はインゲームでレーナ―のミスだったり、相手が予想外のプレイをした時に対応するのは苦手だという事。
それをチームを変える度に繰り返しているように感じていて、今更こんな事言うのは変な話だけど、Peanutにとってはチームを変えずに長く息を合わせるのが大事だと思う。
P:実際毎年移籍したしね。
B:息を合わせて、フィットして、長くチームに所属し続けるのが大事な選手で、それさえ出来ればとても上手な選手だと思う。
C:実際フィジカルがとても衰えた選手って訳じゃないし。
B:試合を見ていて「あ、今彼は想定していたプラン通りに行かず、ゲームが停滞してしまってとても狼狽えてるな」っていうのをとても感じる。
C:結局KT/GEN/AFのWCS出場した伝統の強豪達が順位表右側にいれば厳しい言葉が出てくるのは当たり前。前の選手と比較しちゃうから。KTのBOTは元々あんなに強かったのに…みたいな。
GENの話に当てはめるなら、ファンやチームがPeanutに期待していたのはAmbitionとHaruを合わせたスタイルだった。
B:あ、それ話そうと思ってた。
C:Ambitionと言えばマクロだし、Haruと言えばフィジカルが強みだった。豆腐みたいに(それぞれ強みが)綺麗に分かれてる訳じゃないけど。この2つを合わせたのがPeanutで、完全体になると思ってた。
前からGENと言えば、Ambitionが出てきたら終盤は良いけど序盤はダメ、Haruが出てきたら序盤は良いけど終盤はダメっていうジレンマがあったでしょ?でも今のPeanutは、Ambition程安定感はないしHaru程爆発的でもない。だからずっと言われてる。
とにかくGENは総合的には前向きに考えられる。パッチの方向性だったり、これからの上達の可能性だったり、個人的には良くなるだろうって思う。
P:僕はめっちゃ時間が掛かると思う、Springに勝てるかの話をしなきゃいけない所けど、酷いと…
C:Summer選抜戦?(笑)
P:”秋のGEN”を待たなきゃいけないかも。

Afreeca Freecs

C:AFはシンプルだと思っていて、こここそレーナ―の問題が深刻だと思う。他のチームより。
P:LCK非関係者としてお二方に聞きたい事があるんですけど…
B:分かりません~
C:他をあたってください。
AFは誰が見てもラインナップがおかしいでしょ、JG2人が出続けてるのは。
PAimingが出てなかった時に(Spiritが)使ってたのがモルガナとかニーコで、ここから推測できるのはAimingがモルガナとかニーコを使えないって事。で、ニーコも使えないしコールも出来ない選手、キャリアが短いから。だからSpiritを入れた。
C逆に解釈するのが正しいんじゃない?
B:僕がネット上で見かけた説の中で一番つまんないしゴミ。
P:じゃあ他になんの理由がある?
CPony、逆に解釈しなくちゃいけないんじゃない?AimingじゃなくてSpiritが出たからあれらを使った訳。これが合う表現じゃない?
P:でもAimingが出ない理由が分からないから。
C:僕も分からないよ(笑)

C:本当に分からないけど、実際の現状に基づいて話す時に重要なのは、今の体制じゃ決して良い成績は出せないという事。これが僕の意見。
このご時世オールラウンダーはいないし、出来るはずがない。内部事情がどうなのかは分からないけど、上手く行くはずがないと思う。
B:ちょっと極端な話をすると、今の状況が長期化してAFが勝利を挙げるとしたら、
①バンピックで完全に相手の裏をかいて、勝ちの状態から始まるゲーム
②TOPやMIDで思いもよらないスーパープレイ、または相手の致命的なミスが発生してゲームが壊れる
こういうのがない限り勝てないし、今の状況が長期化するのは良くないと思う。
C:AFの話題と言えば、Ucalが良く出るけど今はそれが主な問題じゃないと思う。
2JGでどうやって試合に勝つ?先入観かもしれないけど、当たり前の事だから。レーン戦からめっちゃ辛いじゃん。
P:海外っぽいスタイルで行くのかと思ってた。
C:だから最初は見てて楽しいし、負けるかもしれない。でも最初だけ。
B:ファンの立場から仮説を立ててみよう。
Spiritが絶対ゲームに必要で、DreadもJGで固定だとして。この2つが大事だというのは推測出来るから。いっそSpiritがADCやる方が良いんじゃない?
P:マークスマンで?それとも他のチャンプで?
B:どちらにせよポジション自体を…
CトリスターナJGもやってたから(笑)
BエズリアルJGもやってたし(笑)
僕はプロシーンにおけるSUPの比重がとても大きいと考えている人間。
もしSpiritがADCになったら後半のチームのキャリー力ががくっと落ちると思う。れっきとしたマークスマンを使わないから。でもSUPで出場したら後半にもつれ込む事すら難しいと思う。
C:じゃあKiinがADCして、SpiritがTOPでタンクするのはどう?
P:www
C:TOPでタンクすれば無難だから(笑) Kiinが”東最遠”じゃん(笑)
※東最遠:高の距離ディーラー(ADC)の略。
いやあまりにもルシアン上手くて、史上最大級のキャリーゲームだったから。

B:これからもSpiritの話は出るだろうけど、Spiritのせいではなくて、Spiritが出場せざるを得ないAFの状況の問題。Spiritがニューメタを試すのは良いけど、分析する立場としてはディテールが惜しい物が多い。
J4SUPでEを先にMaxしてたけど、Lv毎のAS上昇量2.5しかないのにそんなにメリットある?むしろQMaxの方が良いんじゃないか?って話もあるし。
アニーも含め「こういう理由でプレイしたんだろう」って説明できるものはあるけど、ディテールに関してはその方面の職人達から見て非効率的だと判断される事もある。
C:「だからSpiritが戦犯だ」という事ではなくて、むしろ凄いって話だよね。
B:むしろSpiritが被害者って感じが(笑)
CSpiritが画面に映る度、明るい表情じゃないですか。これは当然、雰囲気のために無理矢理そうしてる訳でしょ?
B:その通り、面白くて笑ってる訳じゃない。
C:本当に凄いし、かっこいいと思う。Spiritが「SUPとしてでも絶対出場します」って言ってる訳じゃないから。この状況で最善を尽くすためにありとあらゆる物を研究して、雰囲気も作っている訳だから、AFがチームとして解決しなくちゃいけない問題。何かは分からないけど。
とりあえずAFに関しては「分からない」でまとめましょう。本当に分からない、でもこのままじゃマズい、そうでしょ?

Jin Air Green Wings

C:JAGの話をしよう、あまりにも歯がゆいから最大限ポジティブに。
JAGの中で一番話題に上がるのがMalrangの話。僕は普段こういうチームについては”全体的な難局”って言葉を使うけど、ちょっと違う表現をするならエースがいない。「コイツを信じて行こう、コイツ中心に行こう」って選手がいないのももどかしい要因。
P:説明を付け加えるなら、たった今話したAFの「Kiinを信じて行こう」が出来るかどうかって事。
CRuler/Bdd/Nuguri東部のチーム見ても1人ずつそういう選手はいる。でもJAGは?それでも名前が挙がるのがLindarangだけど、Lindarangもとても苦戦してる。
B:耳が痛い話だけど今のJAGは基本が出来てない。エースがいないとか、キャリー出来るレーンがないとか、積極性がないとか、マクロがダメとか、全部副産物で基本が出来てない。呼吸が合わないのもそう。
でもこれは選手個人の問題じゃなくて全体的な問題だから、コーチングスタッフとしても分かっていても解決するのが難しいし、選手交代での解決も難しい。そうなると選手間の信頼も厚くならないし、個人のキャリー力も発揮できないっていう状況になってる。
端的に話すなら、選手たちがLoLをどういう目的を持ってプレイしなくちゃいけないかっていうのを掴めてない。
例えば何でレーンを押すのか、何でワードを置くのか、何でワードを守らなくちゃいけないのか。
こういう事について、選手達が全く知らないとは思わないけど、実戦では頭真っ白になってプレイしてると思う。考えてプレイするんじゃなくてただ機械的なプレイが繰り返されて上手く行ってない感じ。

C:JAGに個人的な意見を提案するなら、Stitchが出場するのが良いと思う。いずれにせよWCSに出て経験も多い選手だから、とりあえずStitchが出場するのが良いと思う。StitchRoute/Kellinより上手いとかそういう話ではなくて。
Route/Kellinが出てる理由については何度も言ったように、2人のSoloQランキングが高いから。ポテンシャルもあって今のトレンドにあってる。でもそういう長所は現状表れてないし、チームとして根本的な問題を抱えているから。
B:それについては僕もとても同意。
僕がMalrangについて放送でたくさん話してそれをネット上で要約してくれたものがあったんだけど、言葉の前後が削られていて「Malrangはポジション変更をすべきだ」になってた。
これについて正しく説明すると、Malrangの長所はファイトがとても上手い事。”このファイトに勝てるのか負けるのか”をとても良く見極める。でも重要なのは、今のメタでJGというポジションの特性上、それは優先度の低い能力だって事。じゃあ優先度の高い能力が何かって言うと、そういうファイト自体をすべきかどうかを判断するために状況を作ったり、視界を取ったり、相手にプレッシャーを掛けたり、相手が来るのをチェックする能力で、この点においてはMalrangは明らかに劣っている。元々そういうスタイル。
なら初めから、自分の能力をしっかり活かせるキャリーポジション-MIDにしろADCにしろ-に転向するのが良いんじゃないかって話をしてた訳で、Malrangが基本すら出来てないからポジション変更してしまえって話じゃない。
C:つまりMalrangは元々後入りが得意なのに、今はJGの特性上イニシエートしなくちゃいけないって事で、MalrangのKDAがとても高いのもこれと繋がる話。極端な例えをするならChovyみたいな感じ。
B:JGってずっと視界奴隷だし情報奴隷だから、まずそういう能力を備えてる必要があって、これが欠けてるからその後のファイトも上手く行かない。
C:皆さん、実際Chovyも後入りからひっそりと成長する事結構多いからね?ただ”Chovyみたいな感じ”って話をしただけ、ポジションも違うし。でもこういう話をすると「MalrangChovyと同格だ」っていう風に思われちゃう?
3人:www
C:印象を話そうとしただけだから!

B:ファン達が感じている事は大体合ってる。お互い信頼出来てないってのも合ってるけど、今のスタイルでゲームをして、選手達に互いを信じろっていうのは無理な話。今みたいに各々がプレイしてる状態では、互いに信頼しても何の意味もない。
P:僕も今の状況では、Stitchを出場させる以外の策はないと思う。まずは何試合か出場させて様子を見てみないと。
C:根本的な信頼が揺らぐって事について、僕は分かるよ。なぜなら昔試合出てた時、ウチのチームは成績が良かったけど互いへの不信感はあったから。それが大きくなりすぎると良くないんけど。
例えば、僕がMIDにいたらRapidStarがいっつも「兄さんMID来てまた死ぬの?」って。僕がMIDカバーしていっつも死んでたから。それで僕もバンピック終わってレーン戦始まったらすぐ「RapidStar、またCS負けるんでしょ?」って言う。こういうお互いへの不信感。
でも実際にそうなってたし(笑) 互いを知ってるからこそ不信感があるって事。
B:不信感の裏にあるのは強い信頼でしょ?「お前が下手だって俺は信じてる」って。
C:そうそう。でも僕達は互いにそれを分かってたから、RapidStarは僕が死ぬ事を念頭に置くし、僕もRapidStarがレーン戦負けるのを念頭に置いてた。これが悪い方向に進むと、”捨てる”ようになる。
例えば「アイツどうせレーン戦負けるから勝てないわ」って、こうなっちゃったら終わりだけど、JAGは今そうならざるを得ない状況で、「どうせ集団戦負ける」「どうせ試合負ける」っていうのがとても多い。
とにかくJAGは乗り越えなきゃいけないよね。

まとめ

動画前半の5チームについては以上です。
ここまで読んでくださった方々、長文お疲れさまでした。ありがとうございます!
もう少し簡潔にまとめられたら良かったんですけどね…
記事投稿時点で後半部分についてはほぼ未着手なので、もう半分は気長に待ってくださると幸いです。

LoL人気ブログランキング
スポンサーリンク
LCKLCK 2019 Spring動画翻訳
スポンサーリンク
シェアする
とんぼをフォローする
LoL観戦をより深く楽しむべし。-LoL情報ブログ-

コメント