LCK放送観戦のすゝめ -頻出単語を理解して、内容を把握しよう!-

2018 WCS
スポンサーリンク

こんにちは。
いよいよ明日、10/10(水)から2018 WCS グループステージが始まります。
世界の強豪16チームがどのような活躍を見せてくれるのか、とても気になりますが…
ここで一つ、皆さんの悩みのタネがあることでしょう。

グループステージは日本語放送がない!?

それは、先日のRiotJPの放送でアナウンスされた通り、
次の日本語放送が、なんと10/27(土)のセミファイナルだということです。
つまり、グループステージ(1グループあたり12試合×4グループ=48試合)と、
準々決勝(Bo5×4組)の試合全て、日本語放送が行われないということです。
日本はプレイ人口と比較して、観戦人口が多いことが特徴らしいのですが、
日本語放送がないことで、多くの”難民”が発生することは必至でしょう…

もちろん、日本語キャスターやストリーマーの個人配信だったり、
本家の英語放送だったり、いくつか代替案はあると思いますが、
ここで私は、あえて”韓国語放送を見る”という選択肢を提案をしたいと思います。

LoL 韓国語放送 (LCK放送) について

LoLの韓国語放送と聞いて、ピンと来ない方はおそらく少ないと思います。
普段は、世界最高の地域であるLCKの試合を放送しているため、注目を集めており、
今年のWCSは韓国が開催地ということもあり、何かと目にする機会が多いですね。
※Twitchの韓国語放送のチャンネル名が「LCK_Korea」であるため、
以降は「LCK放送」という呼称で統一したいと思います。

LCK放送の魅力は主に2つだと考えています。

1つ目は、「世界一、深く詳細な解説であること
普段、世界で最もハイレベルなLCKの試合を放送している訳ですから、
最もハイレベルな解説であることに、疑う余地はありません。
また、”実況1・解説2”の3人体制であるため、
2人の解説が異なる視点から試合内容を語ってくれるのも特徴です。

2つ目は、「他にはない、臨場感溢れる解説であること
こちらは、プレイインタイブレークでDFM Evi選手が暴れたシーンです。
・LCK放送

・日本語放送

聞いた通りです(笑)
日本語放送の方は、実況が「起きていることを淡々と情報として伝える」スタイルですね。
日本人にとっては、他のスポーツでも馴染みがあるタイプだと思います。
対してLCK放送は、実況解説入り混じって「ごちゃごちゃ興奮しながら叫んでいる」感じです。
集団戦の状況がどうなっているのか、とか説明するつもりは全くなさそうです(笑)
が、”会場の観客の盛り上がり”をそのまま体現しているようで、とても面白いと思います。

以上、2点がLCK放送の大きな魅力です。

LCK放送を見て、”理解”するには?

LCK放送の魅力については、少し伝わったと思いますが、
一番の問題点は「言語が分からないこと」でしょう。
何を言っているか分からないのに、楽しめるはずがありませんから。
そして、残り1日足らずで韓国語をマスターするのも不可能です。

ただ、100%は理解できないとしても「”何について”話しているのか」さえ分かれば、
ゲーム内の情報と併せて、ある程度内容を予測できると思いませんか?
幸い、LoLというゲームは固有名詞が非常に多いため、
(チャンピオン名・サモナースペル・ガンクなどの専門用語、そして選手名)
それらさえ理解できれば、大まかな内容を把握できるのでは?と考えました。

本記事では、LCK放送でよく耳にする単語について、紹介していきたいと思います。

LCK頻出単語まとめ

単語を説明していく前に、一つ動画をご覧ください。


(ゲーム内時間15:28~15:58)

おおお~~??ソロキ~ル!Evi!!!!
KRチャレンジヤーEvi!
フラッシュないでしょ?Ultないでしょ!
これ完璧に、キルチャンスを見極めていました。
(エイトロックスが)TOPで先にフラッシュ使って前に入ってきて、
そしてUltも使ったのを分かっていた訳で、Eviがあまりにも上手いんだけど。
(ダメージ)計算を確実にして、これ完璧な見極めでした。
イグゾーストを前もって使って、これはソロキルチャンスだと判断して入っていった、
そんな様子が目に浮かびます。

30秒間でこのような内容を話しているのですが、おそらく現時点で聞き取れるのは、
水色の背景部分のみだと思います。(これでも十分伝わりますが…)
これからの説明に目を通した後、どれだけ情報が鮮明になるか、見ものですね!
※特に重要な単語は赤字で記入しています。

チャンピオン名

基本的に読み方は日本と変わりません。(元が英語なので…)
ただ1点すべきは、”ラ行

日本語(英語) 韓国語 韓国語読み
ニダリー(Nidalee) 니달리 ニダリィ
ルブラン(LeBlanc) 르블랑 ルブラン
ナー(Gnar) 나르 ナル

単語の真ん中に出てくる”ラ行”はほとんどの場合、
大げさに舌を回す(ロシア語みたいな)発音になります。
ナーに関しては、「Gnar」の「r」を、”ル”とあえて発音する形ですね。

ゲーム内固有名詞

LoLのゲーム内固有名詞はあまりにも多いのですが、日本でもそうであるように韓国でも、
英語そのままであることが多々あります。
韓国語固有の表現であるものの内、特に頻繁に耳にする、
サモナースペル」と「オブジェクト」について説明します。

サモナースペル

日本語 韓国語 (漢字表記) 韓国語読み
フラッシュ 점멸 (点滅) チョミョ
テレポート 순간이동 (瞬間移動) スンガンイドン
スマイト 강타 (強打) カンタ
ヒール 회복 (回復) フェボ
イグナイト 점화 (点火) チョム
クレンズ 정화 (浄化) チョンファ
イグゾースト 탈진 (脱盡) ジン
バリア 방어막 (防御膜) パンオマ
ゴースト 유체화 (幽体化) ユチェファ

韓国語も日本語と同様、漢字の影響を大きく受けているため、
単語が漢字と対応している場合があります。漢字表記と見比べると意味そのまんまですね!
※他は自信があったり調べた結果なので、間違いないのですが、
フラッシュ(点滅)とスマイト(強打)だけは調べても出てこず、自信がありません。ご容赦ください。

韓国語読みについて、「チョミョ」と書かれても分からないよ!という方は、
Googleで「韓国語翻訳」と検索して、翻訳窓に「점멸」とコピペして
スピーカーボタンをクリックしてください!

オブジェクト
オブジェクトと言っても、タワーは「타워(タウォー)」なので、主にエピックモンスターについて。

日本語 韓国語 (漢字表記or意味) 通称 韓国語通称読み
バロンナッシャー 내셔 남작 (ナッシャー男爵) 바론 バロン
リフトヘラルド 협곡의 전령 (峡谷の伝令) 전령 チョンリョン
エルダードラゴン 장로 드래곤 (長老ドラゴン) 장로 チャンロ
インファ―ナルドレイク 화염의 드래곤 (火炎の-) 화염 ファヨ
マウンテンドレイク 대지의 드래곤 (大地の-) 대지 テジ
クラウドドレイク 바람의 드래곤 (風の-) 바람 パラ
オーシャンドレイク 바다의 드래곤 (海の-) 바다 パダ
インヒビター 억제기 (抑制機) オッチェギ

ゲーム内において、バロンはそのまま
4種のドラゴンについては単にドラゴン(ドゥレゴン)と呼ばれることがほとんどです。
一方、ヘラルドとエルダーは聞きなれない呼び方ですので、気を付けましょう。
特にヘラルド! 試合のカギですから、よく呼ばれます。
インヒビターに関しても、「インヒビター破壊(オチェギパゲ)」という風に、
”破壊(パゲ)”とセットでよく話されます。

その他 専門用語

よく聞く専門用語も固有名詞と同様、英語そのままであることが多いため、
(ガンク、イニシエート、リーシュ、スプリットプッシュなど…)
それ以外について。

ロール

日本語 韓国語 通称 韓国語読み
TOP
ADC 원거리 딜러 (遠距離ディーラー) 원딜 ウォンディ

TOPは、より英語っぽい発音になります。
そしてADC、「遠距離ディーラー」を”遠”と”ディール”の部分のみに省略し、
원딜(ウォンディ)」と一般的に呼ばれます。

その他

日本語 韓国語 韓国語読み
Ult(Rスキル) 궁극기 (究極技) クングッキ
集団戦 한타 ハンタ
レーン 라인 ライン

Ultに関しては「궁극기(クングッキ)」ではなく、
単に「궁(クン)」と略して呼ばれることが多いです。
”レーン”という言葉は、「レーン戦」「レーンを押す」など色々な使われ方がありますが、
全て”レーン”を「라인(ライン)」に置き換えて呼びます。

動画振り返り

LCK放送で頻出する重要な単語たちについて、一通り紹介を終えました。
ここで先程の、Evi選手ソロキルシーンの動画を見返してみましょう!

おおお~~??ソロキ~ル!Evi!!!!
KRチャレンジヤーEvi!
フラッシュないでしょ?Ultないでしょ!
これ完璧に、キルチャンスを見極めていました。
(エイトロックスが)TOPで先にフラッシュ使って前に入ってきて、
そしてUltも使ったのを分かっていた訳で、Eviがあまりにも上手いんだけど。
(ダメージ)計算を確実にして、これ完璧な見極めでした。
イグゾーストを前もって使って、これはソロキルチャンスだと判断して入っていった、
そんな様子が目に浮かびます。

いかがでしょうか?
フラッシュ(チョムミョ)Ult(クン)イグゾースト(タジン)などは
先程紹介した単語たちです。
もちろん一度では難しいと思いますが、次第に聞き取れるようになると思います。

まとめ

まずは、記事をご覧いただきありがとうございます。
そしてお疲れ様でした!

「新たに言語を学ぶ」というのはとてもハードルが高いことですが、
いくつかの単語が理解できるだけで「”何について”話しているか」は把握できると思います。
今回紹介した単語は22個ですが、正直”バロンはそのまま”だし、
”ゴーストやバリア”は選択される機会自体が少ないので、実際はより少ない単語だけでOKです。

私は、WCS期間中、LCK放送を聞きながら翻訳した内容をTwitterに投稿しているのですが、
本記事をご覧いただいた方が、LCK放送を聞きながら大まかに把握した後、
翻訳ツイートで確認という流れで見て頂くようになると、
よりスムーズに理解でき、LCK放送での観戦が楽しくなるかな、と考えています。

個人配信や英語放送に食傷気味なあなた!
2018 WCSは、ぜひ現地開催のLCK放送を見て存分に楽しみましょう!

コメント